• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

3月13日(火)

朝、駅に立っている。
現在週3回。6時30分前後から8時30ごろまで。

「おはようございます」という挨拶とともに、
自らの編集・発行する「さいたま市民レポート」を
相方と二人で配布している。
レポートは現在41号を数えている。

マイクの使用は、
朝の迷惑を考えて使用を控えている。

この2週間は、予算特別委員会の準備のため、
駅立ちは休止し、最後の議会に専念した。
そのため本日は2週間ぶりの駅であった。

何はともあれ、
本日は「サブ〜い」駅だった。

終了間際はブルブルと体が震え、
口が悴んではっきりとものを発せない状況。
青白い顔をして震えながら白い紙をもつ謎の人物。
花粉症の影響で光る鼻下。

この日に限って、
新聞記者が取材のため遠くに控えていたのだが、
えらいところを写真に撮られてしまった。

何しろ気温が低かった。

日中は春の陽気だったが、
朝は、3月中旬なのになぜ?
と思うくらい寒かった。
冷たい風も吹いていた。

その証拠に通勤・通学をする方々の手は、
コートのポケットの奥深くに押し込まれているのであった。

その上、出掛けにコートを紛失。
「ないないない!」
いくらハンガーを見ても、
それらしき場所を探しても見あたらない。

しかたなし。
「まあ3月だし、それほど寒くはないだろう」
スーツ姿にマフラーで家を飛び出した。

この油断が、後に大きな教訓を与えることになろうとは、
この時は知る由もなかった。

結局は議会の会派の議員室ロッカーに忘れていたのだが…。

それに加えてスーツは夏物。
2月議会で冬物スーツを使い果たし、
夏物しか残っていなかったのである。

2週間ぶりの駅立ち。
約180分間。
軽装の35歳の発声に、
寒さは容赦なく影響を与えたのであった。

相方は言う。
「おはようございます」が「グスー」になっていると。
そして「ありがとうございます」は「あすー」。
「はいそうです」は「はいす」。

言葉を出そうにも、思うように出ない。
どんどん人が来るし、
その中にレポートを受け取ってくださる方もいるので、
変な発声だと自分でわかっていても、
軌道修正できず、
なし崩し的に続けるしかない。

ああ、春は来るのだろうか。

       ★

朝、どの駅でも何組もの候補予定者とかち合う。
駅はもはや臨戦態勢である。

組織型でやってきた方も、
固定票を得ることが困難な状況であることを示している。

通勤・通学の方々へ迷惑だけはかけないよう、
私は最大限配慮しているつもりだが、
それでも不快な気持ちをもつ方もいると思われる。

ご迷惑をこの場を借りてお詫びするとともに、
残り約一ヶ月間、
さらなるご理解をいただきたく思います。