• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

本日、
「さいたま市の行政組織等の改正の概要」
というFAXが届いた。

主な内容は以下の通り。

適用日
今年4月1日から。

「都市経営戦略室」の設置
自主的自立的行政運営をにらんだ改正。
説明責任を徹底する室となるよう注視したい。

「子ども未来部」の設置
「子育てするならさいたま市」を、
より特化して進めるために具現化した。

従来、子育て関係の所管は、
・市民局
・保健福祉局
・教育委員会
などに分散しており、
縦割り行政の弊害が指摘されていた。

このうち市民局内の青少年課や
保健福祉局子育て支援課などが統合され、
保健福祉局内に当部が設置されることとなる。

注目は子育ての総合的なバックアップの充実だが、
「局」レベルに特化した
所管の設置が必要との声もある。
当面は当部の動向を見ていきたい。

危機管理室→危機管理部
室を部に格上げすることで、
危機管理体制の指揮命令系統を明確にする。

交通防犯課の設置
市民防犯推進室と交通安全課を統合

消防局に「予防部」設置
予防体制の強化。

建設局に「保全管理課」の設置
市有建築物の計画的・効率的な建物管理・計画的耐震化を推進。

「都心整備部」の設置
・浦和駅周辺推進事業部
・大宮駅周辺整備推進事業部
・新都心まちづくり室
の業務を統合。

係制・係長職の導入
若手職員に部下を統率、監督するキャリアを積ませ、
管理監督者としての人材育成を図る。

以上。