• さいたま市の、さいたま市民による、さいたま市民のための政治を、まっすぐに!疾走します!

本日(18日)午後、
明大ガバナンス研究科シンポジウムの基調講演を聞いた。

講演は元文科相大臣の遠山敦子氏。
遠山氏は明大ガバナンス研究科特別招聘教授である。

「これからの大学、これからの教育」と題し、
世界の大学の変遷や日本の改革について言及した。

21世紀型大学改革として、
・国立大法人化
・21世紀COEプログラム…世界教育水準の教育研究拠点
(いい意味での競争を導入)
・専門職大学院の制度化
・産学官連携の推進、知的財産の創造と活用
・大学評価制度の確立
をあげ、
①競争的環境の下で各大学が個性・特色の発揮。
②大学における教育の重視
③大学の第3の使命…社会貢献。
 社会への視野を持つ学生を育てる。
 社会の発展に寄与。
と述べた。