• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

昨日夜、火曜会に参加。
今回のテーマは、「景気は回復しているのか?」

地域の現場で働く人、
年金生活者、税理士、経営コンサル、
元労働組合員、元公務員、地方議員ら、
それぞれの立場から様々な意見がでた。

私の知る限り、
・経済指標においては、
 景気回復が明確に出ている。
・それを裏付けるかのように、
 法人税はここ数年伸びている。
・しかし、景気と連関性の高い「生活保護」の保護率は、
 急増しいまだ衰えることはない。
・景気回復の実感は、立場によって異なっている。
といった状況だ。

参加者からの主な意見は次の通り。
・何を基準にして景気を見るかで異なる。
・末端までは景気回復の恩恵が届いていない。
・働く立場から見ると、
 リストラなどの上に立っているのが今の景気の状況。
・年金生活者の立場では、
 「入」は年金給付額が削減されて少なくなり、
 「出」は介護保険料などで増額している。
 早く融資できるよう、環境を整えてほしい。
 日銀の量的緩和政策の解除は賛成だ。
・努力しない人は負け組になるのもしょうがない。
 勝ち組は「仕事、仕事」で
 家庭もかえりみていない現状がある。
・官公庁相手の仕事の受注額は、
 次の年、さらに減額される。
・もっと地場産業に配分してもいいのではないか。
・バブル崩壊から15年。
 建設業界の整理は進み、
 生き残ったところは何とかやっている。
・さいたまは東京のお世話になることができるが、
 地方は厳しいだろう。
・不動産から見ると、「外食産業」は一番厳しいだろう。
 「塾」は延びている。