• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

■『日本への遺言』
■後藤田正晴著 毎日新聞社

■『時代の証言者 戦後政治』
■中曽根康弘著 読売新聞社

両著とも、戦後政治に
大きな影響を与えてきた著者による。

戦前から戦中、戦後約60年の
それぞれの歴史が克明に記されており、
読み応えがあった。

後藤田氏は、平和主義を貫き、
晩年はその点について、
戦争の体験者の立場から特に強調していた。

憲法や平和主義、官民の役割分担などに関する考えは、
日本の社会にとって大きな遺産となっている。

本著には、TBSの「時事放談」での
いくつかの言葉が記載されている。

とくに、
「国民はね、賢いよ。
 すべてお見通しだよ」
という言葉は政治に携わるものとして、
忘れてはならない言葉だ。

私は後藤田氏の憲法観や歴史認識から
多くを学んでいる。

※後藤田氏は昨年8月に亡くなられています。

中曽根氏は、
現実主義であり独立心を持った立場で、
戦後の混乱期からの日本政治を担ってきた。

本著には、中曽根氏から見た
戦後政治史が記載されている。

一貫した憲法改正への姿勢や、
占領下の日本において、
精神的、伝統的な側面を取り戻そうとする主張、
その時々の時代を見る目には
学ぶべきものが少なくない。

総理大臣となるために、
役職には就かず、
じっくり準備を進めていたというエピソードは、
意外であった。

自身の政界進出の経緯、
保守合同や安保改定時の混乱、
田中政治の実情、
レーガン大統領下の米国との交流など、
興味深い記述が記されていた。