• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

昨日(9日)午後、
見沼田圃の盛り土問題のその後について、
農業委員会の職員に聞いた。

この件は私自身が、
昨年12月議会の一般質問で取り上げたもの。

昨年11月、見沼田圃の芝川沿いの
「宮後」という地域で、
市道が隆起して崩壊、
芝川の半分以上に泥がせり出すという事態が起きた。

いまだ正式な調査を経ていないが、
隣接する農地の盛り土が原因ではないか、
と言われている。

この盛り土が農地法や農振法に違反するといわれ、
農業委員会で「是正命令」を出したのが12月2日。
1月15日を盛り土の撤去の期限としていた。

しかし、業者や地権者より
年末年始をはさんでいたなどの理由で、
期限の延期の要請があり、
農業委員会では適切な利用だと認め、
2月28日を撤去の期限とした。

すでに業者は盛り土の撤去を始めているが、
この期間に撤去が完了しない場合には、
農地法違反を根拠に告発など強い態度で臨むという。

6月は農繁期にあたり、
田圃に引くための水が芝川で
大量に流れることとなるため、
その季節までには、
盛り土の撤去だけではなく、
河川の修復が必要となる。
(河川は埼玉県の所管)

この問題はいまだ、
事件の実態や責任の所在など全体像が見えていない。
継続して調査を続けたい。