• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

≪無所属の会/横浜市視察≫
公共事業の事前評価制度
今年度から公共事業の事前評価制度をスタートした。
再評価や事後評価は国からの流れで
既に行なわれているが、
事前評価制度は独自の判断での導入だ。

公共事業を行なう際、
事前に意見を広く聞き、
それに対するし側の返答を示してから
事業に踏み出すというもの。

対象となる金額は、20億円以上の事業で、
100億円以上は、
第3者からなる公共事業評価審査委員会に諮られる。
この金額は今後見直しもありうるという。

職員にとっては事務が大変だが、
実施過程の透明性は大切であり、
市民の目に耐えうるのか試される。

パブリックコメント制度との違いは、
パブコメ制度外の公共事業を対象とし、
手法は準拠している。

今後、周知方法として、
フリーペーパーの活用を考えているという。

横浜市の公共事業評価システム(横浜市HP)