• 変わらず ブレず 前へ 未来へ。

本日、自宅にFAXで
「市有施設におけるアスベスト合有調査の結果」
が議長名で送付された。

実物は
さいたま市HPに掲載されいてる。

以下、その概要。

■調査結果概要
市内施設総数:856
詳細調査対象施設数:90
石綿使用施設数:53

■「石綿使用施設数:53」の内訳
▼区分①
飛散性「あり」&市民利用「あり」:5
▼区分②
飛散性「低い」&市民利用「あり」:16
飛散性「あり」&市民利用「なし」:25
▼区分③
飛散性「低い」&市民利用「なし」:6
▼その他:1

■区分①の施設
・丸ヶ崎自治会館 階段・会議室
・大宮駅東口大門町自転車駐車場 屋上駐車場
・高等看護学院 玄関・階段等
・浦和ふれあい館 舞台上の梁
・下落合分団 会議室

■現在のさいたま市の取り組み
・石綿対策推進本部を設置。
・「健康対策」「環境対策」
 「市有施設対策」「民間施設対策」を進める。

■石綿使用のある箇所の対応
・ビニールシートで覆うなど応急措置。
・「飛散性・市民利用あり」の施設を優先に除去作業。
など。

■連絡先
環境経済局環境部環境対策課(織田・村山)
電話:048-829-1326